5.TradingViewの自動売買とTradeStand Proの戦略を連動させる


TradeStand Proは、webhookを利用してTradingViewと証券口座を結び付けることによって、日本株の自動売買を可能にしています。その為、TradeStand Proをご利用するには、TradingViewの登録とTradeStand Proが対応している証券口座のご登録が必要です。 (※現在TradeStand Proが対応している証券会社はauカブコム証券のみです。) 


『3.TradeStand Proで戦略(投資金設定)を作成する』で作成した戦略と、『4.TradingViewで自動売買用ストラテジーを作成しよう』で作成したストラテジー を結び付けるための、TradingViewのアラートを作成します。

Tradingviewは「銘柄を今買う/売る」と判断した際、アラート(注意音)を鳴らすことが出来ます。このアラートをTradeStand Proの戦略に配信することで、銘柄を売買するように命令を出し、銘柄の発注を行います。

今回は例としてソフトバンクの銘柄を使用しています。ご自身で銘柄を決めた方は、この記事を参考にしてストラテジーと戦略の結び付けを行ってください。

また、TradingViewとTradeStand Proの2つの画面を行き来した作業を行うため、ブラウザを2つ立ち上げて左右に並べて作業を行うことをお勧めします。

それでは、まず始めにTradingViewのチャート画面を開きます。

①チャート画面にある「移動平均ゴールデンクロス」をクリックします。一番右にある詳細をクリックし、メニューから「移動平均ゴールデンクロスにアラートを追加」を選んでクリックします。

②アラートアクションのWebhook URLにチェックを入れます。(チェックが下記の図のように入っているか確認してください) 

③ここでTrade Standを開きます。戦略ルーム内、戦略リストのTradingView用コピー項目内にある『Webhook URL』をクリックします。クリックすると「Webhook URL コピー!」と表示されます。

④TradingViewのアラート作成画面にあるWebhook URLを、戦略リストのWebhook URLに置き換えます。
⑤同様に、戦略リストのTradingView用 コピー項目内にある『アラートメッセージ』をクリック、アラート作成画面にあるメッセージを戦略リストのアラートメッセージに置き換えます。

どのアラートか分かりやすくしたい方は、アラート名に名前を付けることをお勧めします。(デイトレ6月1日ソフトバンク など)

⑥最後に「作成」をクリックします。
⑦警告画面が表示されるので、「とにかく続行する」をクリックします。
※この警告は、「アラート作成後に、開発者によって売買の手法が変更されることがあるので気を付けてください」という内容ですが、Trade Standではそのようなことはありませんのでご安心ください。

(※2021年6月以前の表示画面です。メッセージが異なる場合があります。)


この作業により、Webhookを通して「Trade Standの投資金内」で「TradingViewの自動売買」が行われるようになります。
保有中の銘柄と取引結果は、Trade Standの「取引状況」をクリックすることでいつでも確認することができます。


最後にアラートの確認と削除の方法です。

①TradingView の右側上部にある、目覚まし時計のマークをクリックすると、 作成したアラートが確認できます。
②「間違った数値でアラートを作成してしまった」「銘柄を変えたい」などの理由でアラートを消したい場合、消したいアラートにマウスカーソルを合わせて「×」をクリックしましょう。

③本当に消去しますか?と確認画面が表示されますので、 「はい」をクリックします。

※すでに自動売買で保有している銘柄のアラートを消してしまうと、自動では決済されなくなります。誤って保有中の銘柄のアラートを消してしまった場合は、TradeStand Proの戦略ルームの「返済」ボタンを押して、銘柄を手動決済しましょう。

これでTradingViewの戦略(投資金設定)を作成は完了です。 

以降の手順につきましては『6.自動売買を動かしてみる 』にお進みください。なお、他の設定方法に関しては下記の項目からお選びください。

1.TradingViewの有料プランに参加する
2.TradeStand Proと証券口座を連携させる
3.TradeStand Proで戦略(投資金設定)を作成する
4.TradingViewで自動売買用ストラテジーを作成する
6.自動売買を動かしてみる